Sayako Kaburagi

PTC卒園後、1年ほど日本の小学校に在籍後、オーストラリアの小学校に入学。マナーのよさと絵の描き方に対し、表彰状をいただいた知らせを受けて、お知らせしました。

オーストラリアへ
「現地の学校に入っても全く問題なく、ESLのテストもパスし、ESLのクラスも取らずにクラスの授業についていっている。以前から在籍していたかのように違和感なく溶け込んでいる。本当に驚いている。」と一時帰国したお父さんから報告を受けました。

PTCでプライベートレッスン
PTCを卒園後1年半、PTCの小学部のクラスレッスンを受けました。PTC在園のとき、すでに話す力、理解力、判断力がついていて、自分から話すことができていました。小学部のレッスンでは、アメリカンスクールの教科書を3冊目のレベル16まで進んでいて、話の内容の要点をサマリーにまとめ、口頭で説明できる力もついていました。他の様々なカリキュラムを用意し、すべて完璧にこなしていました。

英語力に問題なし
オーストラリアの小学校に入学し、ESLのテストにパスし、ESLの補習もなくクラスに溶け込んでいるのを見て、本当に感激し、PTCでのレッスンを続けていてよかったとご両親の言葉をいただきました。

ご両親との信頼関係
この生徒が英語力だけでなく人間的にも成長したのは、ひとえにご両親と教師との「信頼関係」にあります。ご両親がPTCのカリキュラム内容を理解してくださったので、伸び伸びと指導することができました。学習することにより人間的な成長があり、オーストラリアの小学校で「素晴らしいマナー」という賞状をいただいたようです。

PTCのカリキュラム
PTCの生活習慣、生活のリズム、マナー、ルール、礼儀が生徒の生活態度に反映し、オーストラリアで認められたことは、国際社会で通用するということです。PTCのカリキュラムは、どの国に行っても役に立ち、人間形成の大きな糧になっています。

三位一体
教育を行う上で、いかに「親の協力と理解」が必要かつ重要かおわかりいただけたと思います。保護者、教師、生徒の、三位一体の教育の重要性を証明できました。

日本の学校での「いじめ」
ちなみに、この生徒は、日本の小学校に在籍中、「学級崩壊」と「いじめ」のクラスの真只中にいて、毎日じっと我慢を強いられていたのです。日本の学校で、あってはならない環境に置かれていたのです。

Sayako Kaburagi