• おしらせ1

いよいよ新学期が
始まりました。
今年の課題は、
ストーリーで言葉を
増やしていく。
リズムに乗って言葉を
出していく。

  • おしらせ2

目標はバイリンガルなので
それに向かっての活動。
昨年のスクールイヤーで
卒園した子も完璧な
バイリンガルに作り上げ
たが今年は方法を変える
必要があると思います。

  • おしらせ3

すでに取り組んでいますが
これをルーテインに持って
いって、どの辺でその兆し
が見えて来るか、楽しみです。
今は9月のプログラムを
行っています。

  • PTCようちえんでは…

幼児がバイリンガルになる環境:
幼児をバイリンガルに育てるには落ち着いた
家庭生活のような環境で成し遂げられる。
・生活の中の身近な出来事を会話をしながら身につけていく。
・無理をしていないから子どもの心も豊かに育っていく。
・子どもの発達段階を成長のスピードに合わせてまわりの環境を取り入れていく。
・このような環境をPTCは用意し、穏やかな心で、
 素直な心を持って、幼児から湧き出る心の遊びを育てていく。


「バイリンガルにならない事例」と「幼児教育の悪い事例」:
・幼児に週2~3回の1時間のレッスン何も身につかない。
・2~3年学び続けても全く身につかない。
・小学校で英語を学ぶとき、なめてしまってまともに学習しない。
・幼稚園と称して教師の資格もない外国人を教師にしている。
・2~3ケ月で外国人が次々替わる。幼児教育など全くやっていない。
・ネイティブの教師と言えども言語の教え方を全く知らない。
・インターと名を売って幼児たちを最悪の環境に置いている。
・外国人の中にいれば幼児が言語を覚えると考えている保護者達。

言語を学ぶと同時に「幼児が学ばなければいけないこと」がある。

  • フォト