PTCについて

  • HOME
  • PTCについて

教育姿勢

「生きる知恵」の学習

「生きる知恵」の学習

生きてきた中で培った様々な「知恵」を、遊びの道具や学習遊具を使って意図的に作り出し、起こったことを解決する行動能力を身に付けていきます。

Boys & Girls be Ambitious!

Boys, be ambitious!’ was Dr. Clark’s advice to his students at Hokkaido University in the Meiji Era. A Kindergarten must ask itself many questions: “What is necessary for the children?’ ‘How should parents act?’ ‘How should teachers react to situations at school? We want to send our children out into meaningful lives. We want them to be children who will be active and put their ideas into practice –children who have found what they like to do through many experiences. We are trying to provide an education that values ideas and practice, not merely role learning for the sake of an academic career. Our own Ms. Yoko has had the wonderful opportunity to see life with the family of Dr. Clark (the Founder and first President of Hokkaido University) in America. During her stay, she was told by his family: ‘Woman, be ambitious!’ Ever since, she has valued these words, and has tried to convey their spirit to the children of PTC.

「望ましい生活習慣」からマナーを学ぶ

「望ましい生活習慣」からマナーを学ぶ

マナーのない子、マナーを知らない子、マナーを誰からも聞かされていない子、マナーを親から学んでいない子、様々ですが、マナーは小学校からのアカデミックな学習において大切なことです。姿勢をつくることを意識している人間は皆無です。だから教える。同じ年齢の集団保育において、十把一絡げの教育のあり方は教師にとって動かしやすいです。しかし、人間の成長過程の心の発達における学習では、「いたわる心」「大きい子を目標にする心」「もめごとで起こる心の葛藤を淘汰する姿勢」などは何も身につかないのです。毎日の繰り返しの生活習慣から「癖」として身につくマナーが、よい好奇心を持つ学習姿勢へとなっていきます。

Learning Good Routines for Living and Manners

If a child learns well the basics of being hunan and the proper attitude, he or she understands the fun and the wonder of achievement, and a positive attitude takes root. The child also becomes able to judge the difference between right and wrong, and what should and should not be done. If a person learns inferent human values and applies them to life naturally from childhood, one can imagine that person’s life will be full. It can be said that a successful life is a life in which a person has found a way to live that is satisfactory for one’s self. Let us not keep things from our children, drawing the conclusion that being young they are not able to understand. Let us tell them the truth and give them something genuine.

園児達のかかわりから「自分の位置」「心の成長変化」を学習

園児達のかかわりから「自分の位置」「心の成長変化」を学習

同年齢や年上の友達との日常のできごと、もめごとなどを通して心の成長を学んでいきます。子ども達の身体の動き、心の動きを教師がきちんと捉え、「いじめ」になっていく内容を子どもにきちんと説明し、態度、言葉、動作のあり方を指導し、日々を楽しく過ごせるように仕向けていきます。

行事から「ルール」「物事の道理」を学習

行事から「ルール」「物事の道理」を学習

日常の生活にはルールがあること、園の中にルールがあること。四季と同じように物事には道理があることを教師の話、本、教材の内容から学んで意識し、考えるように仕向けていきます。

イマジネーションとファンタジー

イマジネーションとファンタジー

PTC Pacific International Schoolでは、子どもの能力を優しく観察し、子どもがやろうとすることと教師は同じ気持ちで接し、子どもの道しるべとなるお手本を見せています。子ども達が自然と心を開いていくとき、その能力をイマジネーションやファンタジーで膨らませていくように仕向け、子どもが早熟にならないように、静かに穏やかに保育し、将来、大きく確かな人間になるようにその基礎を築き上げていきます。どの国でも生きていける意志と勇気を持った人間になるように導きます。

穏やかで緩やかな教育と躾と生活指導

穏やかで緩やかな教育と躾と生活指導

「子どもが何をすることが好きか」「何が得意か」教師がよく観察し見抜き、子どもが本質的に持っているものに逆らわないように保育していく教育姿勢を貫いています。最も重要な人間形成の時期である幼児期に、早期の知育教育を避け、子どもが持って生まれたものを将来充分に発揮できるように、穏やかで緩やかな教育と保育をしています。年齢的にはすでに身についているであろう生活能力が、まだ遅れている場合はその生活能力が身につくように仕向けます。また年齢的に身についていてもいい生活態度を指導していく環境を用意しています。

チャレンジ

チャレンジ

PTC Pacific International Schoolでは、園児ができなくても少しずつやってみようとする気持ちを引き出し、子どもの持っている能力を少しずつ目覚めさせていくことで、できる喜びを味わわせる教育を行っています。それにより自信を持ち、また新しいことにチャレンジする気持ちを育てるように仕向ける教育を行っています。教師はその手本を見せながら子ども達を励まし、勇気づけ、優しく笑顔で接し、子ども達とともに学び、子ども達の成長が幼児期において望ましい方向へ進むように仕向けていく教育を行っています。

Accepting Challenges

PTC cultivates a positive curiosity that drives a child to maintain interest in many different things and accept challenges. Accepting challenges means that the child will try with patience, bit by bit, even after failure. The child learns about him or herself and discovers his or her own capabilities, feels the joy of achievement, gains confidence from this, and goes on to accept new challenges. The teachers give the children assistance, encourage them, are gentle with them at tines and strict at others, learn together with the children, and take the greatest joy in their growth.

人間教育

人間教育

2才半から6才の子どもが人間として成長していく過程で習慣とすべきことを意識して習慣づけるよう仕向ける教育を行っています。よい好奇心を持つように仕向け、感じたことを言葉に出して話す姿勢を持たせるようにしています。自然に意欲や積極性が湧いてくるように子どもが作った作品や述べた意見やアイデアを大きく誉めて、それがさらに大きく発展していくように励ます教育を行っています。

緩やかな目覚め

緩やかな目覚め

PTC Pacific International Schoolでは「自然に還れ!」をモットーにした自然教育を行っています。自然の中の動物や植物がそれぞれの種を絶やさずに、厳しい自然の中で生きていることを見つめ、感じとる教育を行っています。自然界の動植物から人間がいかに生きるべきかを考え、それを手本にした教育を行っています。実物に接する実践教育を通し、子どもの持っている感性をイメージやファンタジーで膨らませ、子どもの持つ能力を緩やかに穏やかに目覚めさせていくことを心掛けています。

Knowing One’s Self

The PTC Pacific International School teaches under the motto of ‘Return to Nature.’ Our program of Natural Education teaches about the natural world, and what position humans maintain in it. The program allows the students to come in contact with Nature as it is, in a program of practical education. It polishes the child’s innate husan sensitivity through use of the five senses, and has the child become aware of his or her own talents, thus developing self-confidence, and a will to attempt anything. In doing this, the child becomes a person that is always able to understand him or her self, a person who is always relaxed but active, and who even after failure will be able to continue to seek new opportunities. It is important to be able to see oneself objectively, and understand what kind of person one is to know how to take care of one’s self and to be a person who also respects others.

Humanity is a part of the Earth. It is important to understand that humanity is being allowed to lives only as a result of Nature’s works. Just as plants and animals live in Nature without destroying other kinds of life, it is important for children to realize that they too are living within the strict rules of Nature. Our children must become examples of how humans are to live and think regarding their role in Nature. They must try to be people who are not boastful or arrogant. They will learn to care for Nature, which protects us and gives us sustenance.

目標

目標
目標
目標
  • 自分というものをしっかり持って、自己を大切にできる人間、他人を認め尊重すること、自分のいる位置を常に正確に認識できる人間を目指します。
  • 生きとし生けるものをいつくしみ、自分がこの世に存在できることに常に感謝することのできる人間を育てます。
  • 自国の人間ということ以上に地球人として、宇宙の中の一人として自分を認識し、真の自由人を目指します。
  • コミュニケーションの媒介として、英語を日常語として習得していきます。卒園までに幼児の範囲で会話を完璧に身につけ、卒園後は小学の部で、レベルの高い英語力を習得します。
  • 人格形成が第1の目標で、英語力はあくまでも意思疎通の道具であることを根本において、英語を話せることで傲慢になりがちな心を好ましい方向へ導いていきます。
  • 幼児期における子どもの成長発達を無視した教育のあり方、子育てのあり方を正しい方向へ導いていきます。

The Type of People We Wish to Produce

  • People who are well focused, who take good care of themselves and who respect others.
  • Poeple who can always remain aware of their role in life.
  • Poeple who respect all living things, and are always able to be grateful for their own lives.
  • Poeple who are able to be aware of themselves as a part of the world and of the universe.

Training People Who Contribute to the World

To be able to relate one’s thoughts to others, to make the effort for mutual respect and understanding. This may seem to be a simple thing but in practice it is often very difficult. At times, it is necessary to resolve a misunderstanding by speaking about something disagreeable for understanding to truly take place. By ‘knowing one’s self,’ one comes to know ‘what one likes to do,’ and ‘what one is good at.’ These things are realized from an early age. PTC is a place where the first steps are taken in training people who will seek what it is that they want to be for international society in the future.

理念

理念
理念
理念
  • 人格形成に大きな影響を与える幼児期に、自然に親しみ、情操教育を通して素直な心を養い、人を思いやる気持ちを育てます。
  • PTCの様々な学習を通して、自主的な思考力、集中力、忍耐力、努力する気持ちを育み、創造性、積極性、社会的・身体的な能力を育成します。
  • 社会の中で協調していける人間らしさ、国内だけでなく世界の中の一人として理解する豊かな心を養っていく教育を目指し、自国の人間としてその歴史を尊重し自分だけが持つ確かなアイデンティティーを培っていきます。
  • 幼児期は人格形成が最も重要な教育です。確かな人格が確実に形成されていくことに大いなる情熱を傾けます。
  • 精神面での真の強さを培い、英語が話せることでうぬぼれたり、おごったり、傲慢な態度になりがちな心をコントロールし、真の自由人、真の地球人を目指します。

教育内容

カリキュラム

教育内容

“Individual instruction is given in small classes that have a family atmosphere.”

English lessonは月々のトピックスに沿って会話、発音、文法を進めます。本読みはMacmillan Reading Series「r」programを使用します。WritingはDictation、Following Directionを用紙を使って行います。文字を覚え、文章を書き、数の読み書き、数の数え方、時間などを学び、用紙の絵を使って、簡単な足し算、引き算を学びます。
Scienceは身近な動植物を観察し、小さな生き物とのかかわりを知って興味を持ち、命の尊さを知って感謝することを忘れない情操教育を行います。海の生き物、淡水の生き物、動物園の生き物、身近な生き物、ペットなど、ポスターや本を通して興味を持ち学びます。クラスの内装を、学習内容のプリントや絵で飾ります。自分が作った作品に感動と喜び、達成感を感じ、作る喜びを知ります。
Musicはクリスマスコンサート、スプリングコンサートで自分が歌う歌、グループで歌うもの、全体で歌うものなど、歌詞をよく覚え、リズムをつかんで正しく歌うようにします。コンサートでは、歌、ダンス、詩の朗読、楽器演奏など、年間に50曲以上を学びます。様々なリトミックを楽しみます。
Art craftは月々のトピックスに合わせて作品作り、作ったものをボードに飾ります。
Sportsは、様々な教具、遊具で遊びで身体を動かします。運動会では、大玉転がし、玉入れ、綱引き、フォークダンス、跳び箱、リレー、障害物競争、パン食い競争などを行います。
様々な課外授業を通して、教室では学べない社会のルール、マナー、礼儀を日常的に学び習得していきます。
年3回のレポートで保護者の皆様に子どもの様子を伝えてまいります。

Curriculum

Every day there is an English lesson which lasts for 40 minutes. Conversations are held regarding monthly topics, and pronunciation and grammar are taught in this process. After the English lesson, there is a 30 minute play time in the park for a change of pace. 3 steps in a Reading series are completed before graduation from the school. Writing and Mathematics are taught through cards and games, and prints for coloring are also used. The students will become able to write short sentences. The students will be able to read and write 100 numerical characters or more by graduation. For Science, the children observe familiar plants and animals, visit Museums and Zoos, and read in more detail in books and on posters. In Music, more than 100 songs a year are learned, and these are performed at Christmas and Spring Concerts. There are also performances for dance, rhythmics, and instruments. Wonderful works in art and crafts, free drawing, and painting are also exhibited. In Cooking, a variety of ingredients are experienced through the five senses, and snacks are made. Hammers and nails are used in Carpentry to make many things. In Sports, the park is used for field events, mat tumbling, horse jumping, and other gymnastic exercises such as those that use the chinning bar. There are also indoor games, imaginative play, and activities that use different materials such as clay.

行事

教育内容

平均月1回の割合で行事があります。梨狩り/芋掘りは、自然に親しみ、食物の成長を知ります。運動会は父母参加で子どもといっしょに楽しみ、頑張ることを親から学びます。ハロウィンは父母が手作りの衣装を準備し、親への感謝、作る喜びを知ります。クリスマスパーティーは30曲以上のクリスマスの歌を歌います。スプリングコンサートは3クラスが歌、踊り、詩の朗読、楽器演奏、寸劇などを行ないます。サマースクールでは1年間の総仕上げとしての課外授業が組まれています。

Events

On the average, there is a special event held about once a month. Through events such as pear picking and sweet potato digging, the children become familiar with Nature, and learn about where their food comes from. At the athletic meet, the children participate together with their parents, and learn from example to do their best. On Halloween, parents prepare hand-made costumes, and through these experiences the children learn to appreciate their parents, and about the joy of creating. At the Christmas Party over 30 Christmas songs are sung. The Spring Concert includes vocal, dance, and instrumental performances, as well as skits and the reading of poems. At the Summer School, there is a wrap up of the year’s activities, and extracurricular activities are included.

資料請求・お問い合わせ

当園についての資料をご希望の方はお電話、
またはお問い合わせフォームから
ご請求ください。
その他ご質問などがございましたら、
些細なことでもお気軽に
お問い合わせください。

TEL / FAX 03-5481-9425